涸沢紅葉2020!~1500mから2300mの自然を楽しむ

10月3日(土)、7年振りに涸沢の紅葉を楽しみに歩いた。徳沢園宿泊、涸沢へ。
TokusawaEn.JPG HaruNireInTokusawaenOct1.JPG
翌朝、前穂高北尾根のモルゲンロートを見ながら、横尾、本谷を通過
1MyojinFrShirasawa.JPG2KitaoneFrNimuraBashi.JPG3MaehoFrYokoo.JPG
そして、涸沢谷から涸沢ヒュッテへ!
OgaraBanInKarasawa.JPG6KarasawaKaru.JPG
ちょっと早くて、7年前の最盛期と快晴時には見た目が劣るが・・・
この7年の自然学の復習をしながら地形や地質や植生を眺めながらの7年振りの再訪は、感慨ひとしお…
7HodakeRenpou.JPG
詳しくは、いつものようにマニアックHPをご覧下さい。
涸沢谷で、愛用の登山靴のソールがはがれて、ベコンベコンで歩いたが、あの登山靴はどうしようかなぁ(泣)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • mikko

    紅葉の涸沢にいらしたのですね!
    いいなぁ〜
    ちょっと早かったとの事ですが
    1番綺麗なのはたぶん数日。。。
    それが週末と重なるなど奇跡的ですから〜
    7年前はラッキーだったのですね。
    HPにアップされるのを楽しみに待ってます。

    実は先日霊仙山を歩いて来ました。
    本読みさんとは別ルートで榑ヶ畑からですが・・・
    とっても素敵な山でまた季節を変えて歩きたいと思っています。
    本読みさんがいつも歩かれている廃村からのルートの登山口の駐車場の状況はどのような感じでしょうか?
    埼玉から行くとなると駐車場争奪戦がある場合は完全に出遅れると思いますので・・・
    先日の榑ヶ畑も平日ながらギリギリ止められたくらいで人気の高さを実感しました。
    質問の方が長くなってしまってすみません。
    2020年10月05日 17:16
  • 本読みと山歩き2

    mikkoさんへ
    コメントありがとうございます。
    HPはマニアック過ぎて、時間がかかっています・・・
    でも、今回も思いましたが、涸沢はもちろん良いですが、横尾谷、涸沢谷へ向かう高揚感も良いですね! 
    さて、霊山山は別コメントしましたが、榑ヶ畑がメジャールートで、今畑はマイナールートで駐車場は路肩に数台ずつしかありません。遠方からではあまりお勧めではありません。
    季節的には春の花の季節と冬の霧氷と寒い強風(笑)が有名ですね。
    ぜひ季節を変えて、他の鈴鹿の山もご訪問下さい!
    2020年10月07日 08:27
  • morinobuna

    こんにちは。
    何時もなから、森と木も楽しまれたようですね!
    紅葉は残念ですが、これからも何度もチャレンジできるのではないですか!

    20数年前の10月上旬、涸沢の秋を楽しみました。
    朝早く稜線は雲、背後の雲間から日差しが差し込み、紅葉を照らしました。
    やがれ雲が切れ始めると青空、稜線は新雪、またとない景色に出会えました。
    そんな景色が、キッと待っています!
    2020年10月12日 13:43
  • mikko

    再コメ失礼します。
    HPの記事も拝見しました。
    あれだけマニアックなレポ(笑)を作成するには
    かなりの時間を要したであろうと推測されます。
    お勉強になりました。
    いつも横尾までの平坦な道を歩きながら
    爽やかな緑色と細めの葉が綺麗だなぁと眺めていたのがケショウヤナギと分かり
    名前が分かると次回会えるのが楽しみになりますね。

    霊仙山のアドバイスもありがとうございます。
    次回は本読みさんのレポが素敵だった残雪の頃に歩いてみたいと思ってます。
    駐車場争奪戦が心配なのでまた親友を巻き込んで平日にしようなぁ。。。
    2020年10月12日 17:18
  • インレッド

    ここは例年ならば10日頃が見頃になりますが今年は早かったのかな??。涸沢にこの時期には5回くらい行きましたが、その内2度は雪に降られ、一度はテントが半分埋もれたことがありました。
    2020年10月12日 20:29
  • 本読みと山歩き2

    Morinobunaさんへ
    コメントありがとうございます。
    20年前 紅葉と雪、青空・・・新雪というのが珍しですね。
    そんな体験をしてみたい。
    これから時折、訪問したいと思います。
    2020年10月12日 21:31
  • 本読みと山歩き2

    mikkoさんへ
    超マニアックなHPを飽きずに!?ご覧いただき、ありがとうございました。
    たるい河童橋から徳澤、横尾への道も、地形や植生を楽しみながら歩けるようになりました!(笑) 足は相変わらず疲れますが。
    いつか、涸沢へ行かれる前にもう一度、ご一読ください(冗談です)

    霊仙山は良い山です。
    私は冬の風景が好きですが、ちょっとあったかくなると麓は人の往来でじゅくじゅくにすべる路となるので、万が一に行かれる場合はネットで直前情報をご確認下さい。
    鈴鹿はセブンマウンテンという山があって、どの山も個性的で楽しいので、なにかのついでに他の山もぜひ、どうぞ!
    2020年10月12日 21:39
  • 本読みと山歩き2

    インレッドさんへ
    そう、涸沢目当てで横尾から徳澤から往復するという「その手があったか」案はインレッドさんの真似から始まっています。
    紅葉は年によって表裏があるので予想は難しいですね~ 程度の差こそあれ、やはりこのカールは一見の価値があると思います。
    ただ、人が多すぎます~ ここ数年は団体のツアーが多くて・・・ちょっと敬遠したくなります。
    涸沢ブーム?が早く過ぎ去ってほしい・・・無理でしょうね~
    2020年10月12日 21:44
  • KURI

    こんにちは。
    上高地へは、「観光」で何度か訪れていますが、本読みさんの分かり易い解説でいろいろと納得できました。上高地と言えばこの構図と言う写真でも、その俯瞰図を元に見てみるとまた印象が変わるものですね。なぜ上高地と言うものができたのかもわかってとてもスッキリした気分です。ありがとうございました。
    2020年10月17日 09:46
  • 本読みと山歩き2

    KURIさんへ コメントありがとうございます。
    あの鳥観図は観光地の河童橋が入っていません、明神岳の向こう側ですね。
    でも有名な河童橋からは、足下の清流と緑と3000m級の穂高の山波が見えて、
    とてもすばらしい景色です。
    グルーっと巻いて歩いて、裏側の谷底(涸沢カール)に行くことになります。
    そこまでなら、時間はかかりますが、決して険しい山道でもなく岩登りでもないので、装備と体力があれば途中1泊にて到達可能です。普段から比叡山を歩けていれば問題ないと思いますので、ぜひどうぞ!
    2020年10月17日 10:15
  • カスミッシモ

    マニアックHPも拝見しました。
    成り立ちを考えながら歩いていると、面白すぎて前に進めなくなりそうですね。

    紹介して頂いた「山の朝霧 里の湯煙」を読んでます。短編なので1つづつゆっくり読んでます。時には地図も出して登山道を思い出しています。
    2020年10月27日 15:19
  • 本読みと山歩き2

    カスミッシモさんへ
    マニアックな世界へのお付き合い、ありがとうございます!
    あの本の舞台は関東方面が多いですから、カスミッシモさんなら同じコースをあるいてるんでしょうね~
    そうすると思い出を追いながらの本読みになります。
    味わい深さが増しますねきっと!
    2020年10月31日 18:32
  • ミニミニ放送局

    涸沢は30年くらい前に穂高登山で行っていますがやはりここの紅葉は見事ですね。
    紅葉を見るのにベストな時を選ぶのは難しそうです。
    又小屋も泊まれないかもしれませんね。
    今は体力も衰えなかなか行けませんがこうして写真を拝見し楽しんでいます。
    2020年11月05日 20:29
  • 本読みと山歩き2

    ミニミニ放送局さんへ
    コメントありがとうございます。
    ここの紅葉は数年の周期があるようですね、それと毎年のベストタイミングがあるので、どんぴしゃで訪問するもの難しい。
    でも、いついっても感動する場所ですから、行けるだけ贅沢でかね。
    ゆっくり歩けば、まだまだいけると思っているので、時々は歩こうかなと思っています。
    2020年11月07日 09:24