滋賀 霊仙山【1,094m】~素晴らしい南西尾根

伊吹山の関ヶ原に相対する鈴鹿山脈の最北の山、霊仙山の南西尾根を歩く。
RyosenSan4.JPG
廃村となった今畑を抜け、カルストのギザギザを必死こいて歩く。その先は近江展望台。
RyosenSan13.JPGRyosenSan9.JPG
近江展望台を過ぎれば、立派な雪山、エビの尻尾を眺めながら穏やかな稜線。
昨日ほどの風もなく・・・この稜線歩きは至福の時間
RyosenSan6.JPGRyosenSan7.JPGRyosenSan16.JPGRyosenSan14.JPG
冬はやっぱり雪山が良いね! 安全第一でゆっくり歩けば、こんなに異次元の世界を歩ける
・・・ハッピーな一日
ルートなど詳しい情報は いつものHPへGO !

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • MORINOBUNA

    こんにちは。
    霧氷、着雪と素晴らしい雪景色ですね!!!。

    55年ほど前に登った事がありますが、季節は初夏だったか。
     背丈に達するほどの笹原だったかのような記憶があります?・・定かでありません。
    2020年02月09日 14:01
  • 本読みと山歩き

    MORINOBUNAさんへ
    コメントありがとうございます!
    暖冬ですが、この山は日本海に近いのでなんとか雪景色です。
    真っ白な世界は、天気さえよければ気持ち良い。
    55年前ですか、このカルスト地形の大地は今でもきっと夏ならささっぱらなんでしょう!
    2020年02月09日 20:51
  • インレッド

    青空に樹氷や霧氷は良く似合いますね。私も雪山は大好きです。
    本読み さんのこのブログは有料のブログですか??。私は
    無料版のbiglobeは画像が小さいのでFC2にしていますが。有料
    だと幅が広いのでしょうか??。
    2020年02月10日 15:20
  • 本読みと山歩き

    インレッドさんへ
    コメントありがとうございます! 
    やっぱり冬は暖冬でも(安全な)雪山でねすね! 
    インレッドさんのご近所の豪雪地に比べれば、まだ雪浅いですが・・・。
    さて、
    ブログは今まで通り、〝無料〟でやってます。
    今年頭にデザインがたくさん選べるようになっていることに気づき、お気に入りがこの「まとめブルー」ってやつです。
    やり方はいたって簡単。「ブログ管理画面」に入って、上段にある「デザイン」(記事一覧やファイルマネージャーなどが並んでいる)を選ぶと「デザイン一覧」が表示されます。そこにPC用やスマートフォン用のタブがあって、PC用の中にたくさんのデザインがあり、それを選んでクリックするだけです。
    私はデザインの中の一番左のNew(シンプルとかキュートとかもある)ってカテゴリーの中から「まとめブルー」を選んでクリックして設定しました。
    たくさんあるので、いろいろ試して、インレッドさんに合うやつを選んでください!
    2020年02月11日 08:00
  • インレッド

    イヤー newやシンプルなんてデザインがあるのは知らなくて、昔のbiglobeのデザインを使っていましたが、お陰様で少し大きくなりまし、CSSで自分の画像もトップに入れました。
    お忙しいところ有難うございました。
    2020年02月11日 17:40
  • 本読みと山歩き2

    インレッドさんへ
    お役に立てて光栄です。
    これからも、素晴らしい記事アップを楽しみにしております!
    2020年02月11日 19:40
  • KURI

    お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
    それにしても素晴らしい眺望ですねー。
    滋賀県に住んでいながら、まだこの山は登ったことがありません。
    最近は私も相変わらず大文字山と比叡山をうろうろしているだけですので、こちらの山も登れるかどうか。
    最新の記事の本も面白そう! 毎回寝落ちするような本を毎日チャレンジするのって結構好きです。(^_^)
    2020年02月19日 22:41
  • 本読みと山歩き2

    KURIさんへ
    お久しぶりですね! 琵琶湖を眺める度にお元気かな~と思ってました。
    鈴鹿山地は滋賀県側からは山の中にだいぶ入り込んでの登山口ですが、そんな林道を車で通ってのアプローチも好きです。
    いつか機会があれは、ぜひ歩いて下さい。
    2020年02月21日 06:49